English & USCPA

海外在住サラリーマンのリアルな英語TipsとUSCPAの記録

英語で電話をするときのTips!電話が切れちゃった!電波が悪い!をどう表現する?

f:id:BBTCito:20190312004534j:plain



 
もしもしー
 
もしもし、さっき電話した私です。さっきは電話きれちゃったの!
 
 
 
 
 
 
電話で会話をすると、日本語でもうこういうケースは日常茶飯事ですよね。
 
電話というのは相手の顔や状況が見えないので、
 
サラっと状況を説明してあげるのが会話には役立ちます。
 
今日は上記の状況に加えて
 
電話で使う典型的なフレーズについて確認してみましょう。
 

 

 

 

 

 

 

電話きれちゃった! Line was cut (off)!

自分の誤操作だったり、電話の問題で、会話している最中に電話が切れてしまう
事があります。かけ直した際に、こちを言うとスムーズに会話に戻れるでしょう。
 
この3単語を伝えれば、OK。
Line was cut / cut off どちらでもOKです。
 

なぜ電話が切れてしまったのか、説明したいのであれば、こんなフレーズでしうか。
 

"I wrongly ended the call"  間違って切っちゃった (誤操作)

 
 

"It was a bad connection"/ "The line was bad" = 電波が悪かった

 
 

"Battery was out" = 充電切れちゃった

 
 
いずれにしても、"Sorry" というのは最初につけるといいですね。
 
では、そのほかの 電話で使えるフレーズも見ていきましょう。
 
 

もしもし、聞こえる? = "Hello,can you hear me?" 

 

もしもし、クリアに聞こえる? = "Hello, can you hear me clearly?"

 
これは日常会話と同じですね。
 
 

電波悪くてちょっと聞こえにくい! ="Line is bad and I can not hear you clearly"

 
日本語では”電波”が悪いというときは、英語では”回線”が悪いと表現しています。
 
 
聞こえますか?に似ていますが、あっちの声が全然聞こえないときは
 

"Are you there" = まだいますか?

 
と言うこともあります。
 
 

 "Can you please speak up?"  = 少し大きな声で話してくれますか?

 
電話が聞こえにくいときは、このフレーズでOK。
 
Can you please speak up as I can not hear you well
 
よく聞こえないので少し大きな声で話してくれますか? 
 
このように付け足しても自然です。 
 
 

まとめ

 
 電話ができるようになるということは、英語は中級者以上と考えていいでしょう。
 
電話特有のおきまりのフレーズさえ覚えておけば、あとはいつもどおりの
 
会話をすれば大丈夫です!
 
Hello? (もしもしー)
 
Hello. sorry it is me again. the line was cut off just now! (もしもし、さっきの私です。さっきは電話きれちゃったの!)