English & USCPA

海外在住サラリーマンのリアルな英語TipsとUSCPAの記録

やっちゃえ!行っちゃえ!言っちゃえ!を英語で言うと?ニュアンスは?

f:id:BBTCito:20190302022413j:plain



 
転職しようか悩んでいるんだよね、、、
 
やっちゃいなよ!
 
 
こんなフレーズ、よく使うことがあるかと思います。
 
やれ!という命令でもなく
 
やったほうがいいと思うよ、というような論理的なニュアンスでもなく
 
なんとなく、ノリが出るニュアンス。
 
こういうのは英語だと、どう言うでしょうか?
 
 

ナイキの ”JUST DO IT” はピッタリなニュアンス!

 そうです。かの有名なナイキのキャッチコピー、JUST DO ITは
かなり、この”やっちゃいな”に近いニュアンスを持ちます。
 
状況にもよりますが
「(四の五の言わずに)やろう」
「(とにかく)やろう」
 
こんなニュアンスがありますね。
 
 

”MAKE IT HAPPEN” これも、イイですね。

「事を起こしてしまいなよ」 =「やっちまえ」

 

そんな感覚です。

よく上司に、仕事の提案をすると、ニヤっと笑って

JUST MAKE IT HAPPEN やっちゃえ!

と背中を押さることがありますね。

 

JUST DO ITと違って、HAPPENさせる、仕掛ける、そんなニュアンスがあるのが

違いです。

 

 

"Go Ahead" もアリです。

 

 こちらも 「どんどん行け」=「やっちゃえ」という意味で使われます。

 ただし、これは Go(行く)という響きから

どちらかというと「ご自由にどうぞ」的な響きが混じります。

 

「ビールも頼んじゃおうかな?」 Should I order beer as well...

「どーぞ」 Go ahead.

 

このシチュエーションでは、Maket it happenは仰々しいですよね。

 

"Go for it" もいいですね。

これも、 ほとんどGo aheadと同じニュアンスで使われています。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 
転職しようか悩んでいるんだよね、、、 "I am thinking to move to another company."
 
やっちゃいなよ!"Yeah, just do it!" / "Just make it happen!"